ぽんぽこ日記

プログラミング、読書、日々の生活

読書

50歳からの読書術

老眼がすすんで読書がつらくなってきた年代がどうやって読書量を維持するか、電子書籍の賢い活用法など

小説「火山のふもとで」を読んで

小説「火山のふもとで」を読んだ感想。建築家・吉村順三の著書について。

「うつヌケ」を読んで思ったこと

先日、ネットで一部が公開されている頃から気になっていた田中圭一氏の実録コミック「うつヌケ」を読みました。 「うつヌケ」はこんな本 漫画家の田中圭一さんが、自らのうつ体験をきっかけに、有名・無名のうつ経験者の経験談をコミック化した本です。 うつ…

「LIFE SHIFT ライフシフト 100年時代の人生戦略」を読んだ

リンダ・グラットン アンドリュー・スコット「LIFE SHIFT ライフシフト」の概要と読んだ感想 インディペンデント・プロデューサー ポートフォリオ・ワーカー エクスプローラー

書評:「Python クローリング&スクレイピング」

「Python クローリング&スクレイピング」という本のご紹介です。

2016年の振り返り

2016年の振り返りと、今年の抱負など

青春の一冊「ハッカーズ」

特別お題「青春の一冊」 with P+D MAGAZINE 一冊、となると、何にするか、なかなか悩むのですが、その後の人生を決めた一冊となると、やはりこの本になります。 ハッカーズ作者: スティーブン・レビー,松田信子,古橋芳恵出版社/メーカー: 工学社発売日: 1987…

1000冊の中のおすすめ本 ビジネス書編

1000冊の本からおすすめ本を紹介。今回はビジネス書。

過去26年で一番おもしろかった本

過去26年間に読んだ1000冊の本のうち、一番おもしろかった本!

図書館活用のススメ(神戸市の場合)

神戸市の図書館がいつの間にか使いやすくなっていた件

【読書】ノマドワーカーという生き方

有用な仕事術と便利なサービスの活用法を紹介

【読書】「マトリックス」完全分析

『「マトリックス」完全分析』の紹介。レイ・カーツワイルとビル・ジョイが寄稿しています。

【近況報告】本を書きました

今春、初めての著書を上梓することが出来ました。少し間が空いてしまいましたが、宣伝をかねて本ブログで紹介したいと思います。 何の本か タイトルは、「データ分析が支えるスマホゲーム開発」という名前です。 データ分析が支えるスマホゲーム開発 ?ユーザ…

神戸市図書館情報ネットワーク用ChromeExtensionを作りました

神戸市の図書館予約サイトの表示を拡張するChrome Extensionを作りました

1990年の10冊

1990年に読んだ本で、今でも印象に残っている本10冊を選びました。

Rubyはじめました

思うところあってRubyを始めることにしました。 プログラミング言語を覚えるにあたっては実用的なものを作らないとなかなか上達しないので、習作として、神戸市立図書館のサイトから、自分が借りている本のリストをスクレイピングで取得し、書名と貸出期限日…

想像ラジオ

想像ラジオ作者: いとうせいこう出版社/メーカー: 河出書房新社発売日: 2013/03/27メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 確かに読む人を選ぶ小説ではあると思います。 読者の想像力、もしくは経験が試される。 神戸在住の私にとっては、時期が時期…

読書Hacks!

読書HACKS! 知的アウトプットにつなげる超インプット術 (講談社プラスアルファ文庫)作者: 原尻淳一出版社/メーカー: 講談社発売日: 2013/09/20メディア: 文庫この商品を含むブログ (1件) を見る 前半は読書が苦手な人のための動機付けが中心で、さすがにあま…

最近読んだ本 (2013年秋)

今年の前半から秋口にかけ、仕事やその他アウトプット活動に比重がよりすぎていたので、10月あたりから少しインプットに時間を割くようにしました。また、加齢のため視力が落ちてきて、読書に集中することが以前ほど出来なくなってきて読書量が減ってきた対…

「SF小説」

トピック「SF小説」について なお題が盛り上がっているそうなので参加。こう言う話題が盛り上がるのははてなのユーザらしくて良いですね。 まずは、椎名誠の未来もの2作品。 水域 (講談社文庫)作者: 椎名誠出版社/メーカー: 講談社発売日: 1994/03メディア: …

読書メモ 佐藤優「読書の技法」

印象に残った点:・「テクネー」という概念。知識体系を「形式知」と「暗黙知」に分けることが多いが、形式知であっても体で覚えないと使いこなせない知識がある。たとえば数学、語学など。 プログラミングも形式知だが数をこなして書かないと身につかない。…

1989年の10冊

89年から読んだ本の記録をつけているということをFacebookに書いたら割と反響があったので、22年間で読んだ本のうち、印象に残ったものを紹介してみます。振り返ると、20代の頃は小説ばっかり読んでいました。 この年は作家で言うと村上龍や、倉橋由美子あた…

50歳を超えても30代に見える生き方

話題の本読んでみた。全体を読んだ印象として、通常の健康法の本に比べ、医者が書いた本の中でも、人間を機械論的に見る姿勢が徹底しているように思う。そうした考え方に基づいて、ジョギングが寿命を縮めるという理由、ガンの発生原因など、専門家にとって…

読んだ本 保阪正康 「あの戦争は何だったのか」

あとがきから抜粋。 「戦略、つまり思想や理念といった土台はあまり考えずに、戦術のみにひたすら走っていく。対症療法にこだわり、ほころびにつぎをあてるだけの対応策に入り込んでいく。現実を冷静に見ないで、願望や期待をすぐに事実に置き換えてしまう。…

2010年8月、9月に読んだ本

「悪の教典」貴志祐介著悪の教典〈上〉 (文春文庫)作者: 貴志祐介出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2012/08/03メディア: 文庫購入: 10人 クリック: 122回この商品を含むブログ (91件) を見るこの著者の作品は「新世界より 」以来2冊目。「ハイスクール・パ…

2011年新聞・テレビ消滅

読んで思ったことメモ2011年新聞・テレビ消滅 (文春新書)作者: 佐々木俊尚出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2009/07メディア: 新書購入: 16人 クリック: 462回この商品を含むブログ (145件) を見る アナログ停波でかなりの数のテレビがゴミになる。冷静に考…

エキスパートPythonプログラミング

職場の同僚の@methaneこと稲田直哉氏が翻訳に携わった一冊。査読を手伝わせて頂いた。私が読んだ時点ですでに原稿の完成度が高く、わずかな貢献しかできなかったのに、見本誌も頂戴してしまい恐縮の限りだ。見本誌は職場に寄付して、もう一冊を自分で買わせ…

『電子書籍の衝撃』メモ

非常に中身の濃い本だった。電子書籍の衝撃 (ディスカヴァー携書)作者: 佐々木俊尚出版社/メーカー: ディスカヴァー・トゥエンティワン発売日: 2013/01/29メディア: Kindle版この商品を含むブログを見るなかでも気になった部分をちょっと長いけど引用。

『残念な人の思考法』メモ

残念な人の思考法 (日経プレミアシリーズ)作者: 山崎将志出版社/メーカー: 日本経済新聞出版社発売日: 2012/10/18メディア: Kindle版この商品を含むブログを見る 本書に限らずアウディ最近評判いい。買い替え時期には要検討 「論理とは、ある「前提条件」に…

1Q84

読んだ。同著者の作品には、「羊をめぐる冒険」でのレトロウイルスとDNAの関係、「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」での脳科学の知見など、暗示的に最新科学のトレンドを作品に織り込む作品が多いのだが、本作の構造は量子コンピュータに関連し…

【スポンサーリンク】