ぽんぽこ日記

プログラミング、読書、日々の生活

バトル・ロワイヤル

高見広春著・太田出版日本ホラー小説大賞に応募して本選まで進んだものの選考委員全員の「不愉快きわまりない」という拒否にあって落選したいわく付きの作品。腰抜けで無能な選考委員の意見など参考にせず、四の五の言わずにとにかく読むべし。簡単に言うと、ゴールディング「蠅の王」スティーブン・キングリチャード・バックマン名義)の3作品「死のロングウォーク」「ハイスクール・パニック」「バトルランナー」を足して4で割った感じ。晩に読んだら徹夜間違いなし。作者と同世代(30代前後の人)のひととか花村萬月馳星周の好きな人には特におすすめ。しかしこの作品は太田出版が拾わなければ永遠に日の目を見ることがなかったかもしれないのか?(怒)

【スポンサーリンク】