読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽんぽこ日記

プログラミング、読書、日々の生活

ITワーカーの肩こり対策

ITワーカの例外に漏れず筆者も肩こりには悩まされてきましたが、Natural Keyboard Eliteトラックボールを組み合わせて使うことで肩こりが軽減される事を発見して以来、かなり楽になりました。

この構成だとどういう点が良かったのか考えてみました。

f:id:ponpoko1968:20120304141438j:image:w640

上の図は一般的なPC周りのデスクトップの構成です。この場合、

  • マウスとキーボードを行ったり来たりするので右手を動かす範囲が広い
  • マウスを動かすには肩を浮かせる(肩から手を動かす)必要がある
  • 右手の動きが激しいため左右の肩の状態が常に非対称となり、上半身全体が歪んで、ストレスになっているのではないか

これに対し、
f:id:ponpoko1968:20120304141439j:image:w640
の場合、

  • トラックボールとキーボードの間は狭く、ヒジを中心として、肩を動かさずに前腕部(肘から先)だけを弧を描くように自然に移動することができる。
  • ヒジは常に机に付いた状態で、肩はリラックスできる
  • Natural Keyboardはキーボードが左右に離れていることで両腕が逆ハの字に自然に開くことができる。
  • 肩は左右対称な状態を保てる

というところが肩こりの軽減につながっていると思っています。

f:id:ponpoko1968:20120304144446j:image:w360



筆者の自宅のデスクトップの写真です。テンキーの部分のキートップを取り去って、ケンジントン社のトラックボールを両面テープで貼り付けています。職場の環境もだいたい同じにしています。

Natural Keyboard、トラックボールともに、最初、若干の慣れが必要ですが、それだけの価値はあると思います。

あと、Natural Keyboardは普通のキーボードよりは大きいですが、上記の理由で実質的には意外と省スペースです。養鶏場のニワトリ並みの個人スペースしか与えられない、多くの日本のIT企業で働く開発者向きだと思います:-P

ただ、この構成でも一点だけデメリットがあります。薄着の季節は長く作業していると右肘の骨の突起が机の天板に当たって痛くなってしまったり、セーターがすり切れて穴が空いてしまったりするのです。そこで、下の写真のようなヒジ用のクッションをヒジの下に敷いて作業しています。

f:id:ponpoko1968:20120304143058j:image:w360


ケンジントン OrbitTrackball with Scroll Ring 72337

ケンジントン OrbitTrackball with Scroll Ring 72337

【スポンサーリンク】