ぽんぽこ日記

プログラミング、読書、日々の生活

GitHub Patchworkに参加してきました

ブログを書くまでがITイベントです、ということで、

神戸市のスタートアップ支援事業の一環として、8月9日にKIITOで開催された「GitHub Patchwork meets KOBE」というハンズオンイベントにメンターとして参加してきました。

githubpatchworkkobe.peatix.com

このイベントの趣旨としては、非エンジニア系の人にGitとGitHubに親しんでもらうということで、起業志望のかたやデザイナーの方が多く参加していました。

筆者はCode for Kobe(以下:C4K)の一員として、いつものC4Kの主要メンバーとともに参加者へのヘルプをしました。

GitHub Japanカントリーマネージャー 藤田 純さんの挨拶の後、ハンズオンが始まりました。

f:id:ponpoko1968:20170809184501j:plain

参加者はgit-it electronというオンラインチュートリアルを動かして、説明を読みながらコマンドを入力してGitの動作を確認していきます。

github.com

リポジトリを作成するところに始まり、リモートレポジトリとpush/pullするまでのプロセスを順を追って進めていきます。

時間内で最後まで行くことが本イベントの目的ではありませんが、参加者40人中、7,8割の人が最後まで行き着くことが出来ました。

筆者は今回のイベントを通してヘルプをしていて気づいたことがいくつかありました。


まず、参加者の8割くらいがMacBookで参加したのですが、Macにはプレーンテキストを普通に扱う標準のエディタがないのですね。チュートリアルでは簡単なテキストを作成・編集する作業があるのですが、ある参加者が「テキストエディット」を使ってファイルを作ったために、RTF形式で保存されてしまい、先に行けなくなったケースがありました。

筆者の場合、新しくMacを買ったら真っ先にすることがXcodeとEmacsをいれることなので、これは盲点でした。

つぎに、日常的にMacを使って仕事をしている方でも、デザイナー職の人などではいわゆる黒い画面(ターミナル)での作業にはなれておらず、カレントディレクトリの概念を説明したりしました。ls,cdといった基本的なUnixのコマンドを使ったことがなかったようで、日々デザイナーと連携して仕事をしている筆者にとっても、仕事が違うと、Macの使い方も、システムを捉える視点もちがったりするんだなと新たな発見がありました。

ひとり、ターミナル(黒い画面)を触るのには慣れているわけではないのに、説明する側のモチベーションを上げるような、いい質問をする人がいたのが印象的で、相手から知識を引き出す能力、これが「質問力」なんだなと感心しました。

最後に、リポジトリのローカルとリモートの概念が分からなかった人が多かったので、基本的なシステムの構成などの概念の説明や、そもそもGit/GitHubを使うと何がうれしいのかくらいは最初に軽く説明しても良かったのかなと思いました。

今後も機会があればプログラミング(や、その周辺知識)を習いたいという人をお手伝いしたいと思います。


GitHub Japanさまのご厚意でピザの差し入れも。

f:id:ponpoko1968:20170809202556j:plain

スタッフで記念撮影。みなさまお疲れ様でした。

f:id:ponpoko1968:20170812162451j:plain

おまけ

KIITOのエレベーター。階数表示がレトロ感を残したデザインになっていて、この古い建物のインテリアをリスペクトしています。

f:id:ponpoko1968:20170809215035j:plainf:id:ponpoko1968:20170809215040j:plain

Tシャツもらいました。😀

f:id:ponpoko1968:20170809182233j:plain

Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール Web制作者のための教科書シリーズ

Web制作者のためのGitHubの教科書 チームの効率を最大化する共同開発ツール Web制作者のための教科書シリーズ

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

GitHub実践入門 ~Pull Requestによる開発の変革 (WEB+DB PRESS plus)

ponpoko1968.hatenablog.com

ponpoko1968.hatenablog.com

ponpoko1968.hatenablog.com

フリーランスになって3年間の振り返り

2014年5月末に会社を退職し、フリーランスエンジニアになって丸3年になりました。この3年間を振り返ってみたいと思います。

フリーランスになった理由

フリーランスになるまでの経緯はこのへんに詳しいです。

ponpoko1968.hatenablog.com

その時、当然ながら転職という選択肢もあったわけですが、独立という選択をした理由として、かれこれ十年近く前から家庭の事情で、在宅で仕事をする必要があったことが大きいです。*1

20代の独身の頃ならいざ知らず、私のような年齢での独立と言うことで、それなりの不安はあるわけですが、一方で多少のリスクを支える条件にも恵まれてもいました。

いくつか挙げると、

*1:KLab時代も、週に1日だけリモートワークを許可してもらっていました。

続きを読む

【文具】 SMART-GRIP 買ってみた

ゴム状のグリップが付いているボールペン、しばらくつかっているとグリップ部分が変質してネトネトして気持ち悪くて使えなくなることありませんか。

f:id:ponpoko1968:20170326121927j:plain

こんな感じで黒ずんで、すこし粘つきます。ほこりやゴミもくっつくようになりました。

たまたまこういう製品を目にしました。

多色ボールペンのグリップ部分を、金属製に交換するサードパーティーの製品です。

たまたまこの製品に対応するボールペン2種(ジェットストリーム4&1・フリクションボール4)を両方持っていたので、入手して使ってみました。

続きを読む

OneTabとEvernoteを使った情報整理術

新しい技術に挑戦するとき、検索エンジンとかでその技術について書かれたページを探して、ブラウザでたくさん開いていきますよね。調べているうち、タブがいっぱいになってしまって、ブックマークしようにもページがいっぱいで重要な情報がどれだか分からなくなってしまったり、そもそも1ページごとにブックマークを記録するのは面倒で、結局忘れてしまったりすることもありがちです。

https://2.bp.blogspot.com/-VuYOw4U5L2Q/V2ubWG5LP_I/AAAAAAAA7oA/Ymw2X9_yP6MYy_31sC9FFY9gAW5VUtv-wCLcB/s400/computer_search_kensaku.png

そこでChrome拡張のOneTabを使った情報の整理と保存の方法を紹介します。

続きを読む

「うつヌケ」を読んで思ったこと

先日、ネットで一部が公開されている頃から気になっていた田中圭一氏の実録コミック「うつヌケ」を読みました。

「うつヌケ」はこんな本

漫画家の田中圭一さんが、自らのうつ体験をきっかけに、有名・無名のうつ経験者の経験談をコミック化した本です。

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

うつヌケ うつトンネルを抜けた人たち

けっこう重い内容ですが、同氏独特(?)のライトな画風で明るく描いているので読みやすい本だと思います。

自分もうつだったぽい

いろいろ感じるところ、考えさせられるところが多い本ですが、 筆者にとって、この本を読んでまず思ったことは、結論から言うと、

続きを読む

「君の名は。」を観た

遅まきながらではありますが、観てきました。

「シン・ゴジラ」を観たあとのような、「なんだかわからないけどすごいものを観た!」みたいな衝撃はなかったものの、良いアニメーション映画を観させてもらったなーという印象です。 もともと新海監督の作品は「ほしのこえ」以来好きですし。

この作品は、日本の伝統と東京の都会の風景という、アジアの人たちが憧れそうな日本の要素がてんこ盛りで、アジア諸国で大ヒットなのも分かります。本作のプロデューサー・河村元気氏は「悪人」「怒り」といった吉田修一氏の原作の映画化作品でもヒットを飛ばしていて、ヒットを狙う能力がすごいんだろうなと思いました。

個人的には、主人公が建築/土木を目指している学生という設定で、いろいろ建築にまつわる小道具が出てきたり、新婚旅行で乗り継ぎに使った名古屋駅の乗り換え通路や仕事で訪れたことのある東京の町並みやら、私的に思い入れのあるシーンがところどころにあって、愛着が持てる作品でした。

映画とか文学って、その作品を鑑賞するにふさわしい年齢やシチュエーションがそれぞれにあって、この作品の場合、 彼氏彼女がいる高校生とかが、デートで観たりして、そのあとロマンティックな思い出を残す映画なんだろうなーと思って、30年後の高校生としては切ない気持ちになりました。

f:id:ponpoko1968:20091112085052j:plain

写真は港区高輪からの風景。劇中、主人公のマンションからは東京タワーと六本木ヒルズ森タワーが左右逆に見えていたので、ちょうど南北反対側のあたりかな?

小説 君の名は。 (角川文庫)

小説 君の名は。 (角川文庫)

「LIFE SHIFT ライフシフト 100年時代の人生戦略」を読んだ

話題の本、「LIFE SHIFT ライフシフト 100年時代の人生戦略」を読みました。

LIFE SHIFTはこんな本

本書の内容を簡単にまとめると、「LIFE SHIFT」はこれから訪れる長寿時代の生き方について、これまでの人生観にとらわれれず、新たな人生設計を提言する本です。

自民党の小泉進次郎議員が言及していることでも話題になりました。

ameblo.jp

世代の半分が100歳以上まで生きる時代に

本書によると、過去200年間、人類全体の平均寿命の伸びは止まったことがなく、現在の予想では2007年生まれの半数は107歳より長く生きると予想されているそうです。私の世代ですら半分の人間が92〜96まで生きるそうです。本書は特定の国を対象としていないため、おそらくいまのままいくと、日本ではもっと伸びるでしょう。

ライフステージの変遷

人間のライフステージは文明の進展とともに分化してきました。 かつて人間のライフステージには「子供」と「大人」の2つのステージの概念しかなかったものが、戦後には、大きく言って3つのステージに分かれるようになりました。

続きを読む

【スポンサーリンク】